ミニチュア試験管入標本/藍方石

【藍方石/Haüyne】
Mendig,Eifel,Mayen-Koblenz,Germany

1807年に ヴェスヴィオ山のソンマ山 (Mount Somma) で発見され、名前はフランスの結晶学者ルネ=ジュスト・アユイに因みます。
いろいろな火山で採集されていますが高品質の分離結晶はドイツのアイフェルでのみ産出されます。
1CTでも大型と言われるように大きな結晶はありません。
サファイアよりも高価と言われています。

最近ではかなり高額となって仕入れることができなかったのですが、リクエストがあったので少量仕入れました。

写真のものは以前のものです。2粒入りなのでそれほどの違いはありませんが、セット次第撮影して差し替えます。


試験管のサイズ:外径7mm×高さ3cm

販売価格 1,620円(税120円)
在庫状況 0売切れ中



カテゴリー

目 次

モバイルショップ