ミニチュア試験管入標本/藍方石

【藍方石/Haüyne】
Mendig,Eifel,Mayen-Koblenz,Germany

1807年に ヴェスヴィオ山のソンマ山 (Mount Somma) で発見され、名前はフランスの結晶学者ルネ=ジュスト・アユイに因みます。
いろいろな火山で採集されていますが高品質の分離結晶はドイツのアイフェルでのみ産出されます。
1CTでも大型と言われるように大きな結晶はありません。
サファイアよりも高価と言われています。

最近ではかなり高額となって仕入れることができないので、大き目な粒を厳選して確保していた在庫からセットしました。
このサイズはとりあえず今回分のみです。

カフェ在庫もありません。
委託店舗にごく少量納品予定ですが、このままの価格が下代となりますため
販売価格は高くなります。
販売価格 1,080円(税80円)
在庫状況 0売切れ中



カテゴリー

目 次

モバイルショップ