ダイアナマリア鉱山蛍石

Diana Maria Mine

Frosterley,
Weardale,
County Durham,
England


2017 年、Rogerley 採掘事業の所有権は、UK Mining Ventures Ltd という名前で Ian Bruceと Diana Maria Bruce の所有者に変更されました。

Diana Maria 鉱山 と名付けられ、Rogerley 鉱山とともに現在は 1 年を通して操業されています。

2017 年の夏以来、鉱山は地下で開発されており、エメラルド グリーン、紫、一部の黄色の蛍石、マルチカラーのゾーン結晶、まれに、フォーム内に液体インクルージョンを含む結晶など、見事な世界クラスの標本を生産しています。

ダイアナ マリア鉱山では、発見されたすべての主要な鉱化ポケットに名前を付けています。ポケットによって個性があります。


ダイアナマリア鉱山では緑以外のものもあって、エッジが際立っていてきれいです。

ロジャリーの母岩付きの透明度が高いものは、最後のほうにはほとんどなくって、あってもばか高かったのですが、ダイアナマリアの緑色はだいぶ価格も落ち着いてきました。

鉱脈が同じだと、まあまあ同じはずなんですが、ポケットによって個性があります。

どの色もロジャリー同様に強い蛍光を呈します。


個別指定・詳細はきらら舎一号館をご覧ください  >>ダイアナマリアの蛍石2022年冬


販売価格 2,420円(税220円)
在庫状況 残り1
個別指定



カテゴリー

グループ

目 次

モバイルショップ