アルテミア&飼育キット

アルテミア (Artemia)の飼育セットです


【基本セット/セット内容】¥550

・海水の素(1000ml分×2)
・アルテミアの卵(10回分)
・スポイト


【フルセット/セット内容】¥990 夏期は店頭受取のみ

・260ml培養フラスコ入アルテミア(5mm以上で大きさはいろいろ5匹くらい)
・海水の素(1000ml分×2)
・アルテミアの卵(10回分)
・スポイト



基本セット

付属の海水の素1袋を2Lのペットボトルに全量入れて、カルキ抜きした水1L(500ml×2回)を入れ、フタをしめてシェイクして溶かします。
海水の素は時々シェイクして一晩置いたものを使います。

500mlの空のペットボトルに半分海水をいれます。
ここにアルテミアの卵を入れて、フタをしめてよくシェイクします。
孵化させる量はコーヒーマドラーに摺り切り 1/2 程度でOKです。
卵は多めに入れているので、全滅しても10回くらいリベンジできます。
28℃24時間で孵化します。気温が低いと孵化までに時間がかかります。
1〜1.5L くらいの飼育容器(100均の10cm角×高さ15cmくらいのもの)を用意して7分目まで海水を入れておきます。
つまりは、最初に作った海水の残りを入れます。
孵化したものをスポイトで吸い取って飼育容器の中に入れます。
孵化した水や残った卵の殻は捨ててください。

餌は孵化後3日目くらいから与え始めます。
きらら舎ではクロレラ・シオミズツボワムシ・キートセラスなどを試していますが、メダカ稚魚の餌を少量でかまいません。

換水については、換水の刺激で全滅することが多くあります。
どうしても汚れが気になる場合は、以下のバックアップ法で行ってください。

(1)きれいな容器を別に用意する
(2)海水を作る(一晩おく)
(3)(2)をよく振って空気を含ませてから(1)に半分くらい入れる
(4)飼育容器の水をアルテミアごと半分、(3)に移す
(5)飼育容器の減った分に海水を足しておく


きらら舎では全換水は行っていません。
蒸発で減った分をミネラルウォーター(カルキ抜きした水道水)で補充することと、時々、下に沈殿した死骸や糞をスポイトで吸い取って捨てています。


夏休みの宿題に向けて飼育を始める方へは宿題サポートをします。
フルセットは成長を待つ時間がない方用に、成長したものを付けています。
真夏・真冬は店頭受取のみとなります。
発送をご希望された方へは一応送りますが死着補償はありません。

モバイル顕微鏡フェアの際の無料セットは基本セットの半分の量となります。

詳細はきらら舎一号館をご覧ください。  >>アルテミア
販売価格 550円(税50円)
在庫状況 残り16
セット



カテゴリー

目 次

モバイルショップ