青針銅鉱

【青針銅鉱/Cyanotrichite】

Qinglong Mine,

Guizhou Province,

China.



Qinglong Mineは日本名では、青龍鉱山とか大昌鉱山と呼ばれています。
中国の貴州省にあり、アンチモン鉱石畑(sb ore field)もこの鉱山に属しています。

蛍石や方解石も採れますが、なんといっても青針銅鉱で有名。



ここで採れる青針銅鉱は正式には炭酸塩青針銅鉱(Carbonate cyanotrichite)です。

英名にシアノとついているのでシアンが含まれているのかと思ってしまいますが、「cyano」はギリシャ語で「藍色の」(青色の)を意味し、シアンは含まれていません。

「trich」 はギリシャ語で毛髪のこと。

直訳すれば、青毛鉱物なのですが、「青針」とした日本人の感覚は素敵です。







詳細はきらら舎一号館のノートをご参照ください。  >>青針銅鉱9月A
販売価格 3,024円(税224円)
在庫状況 0売切れ中



カテゴリー

目 次

モバイルショップ