ボルボックス

学名:Volvox
和名:オオヒゲマワリ

理科の教科書でおなじみのボルボックスです。
趣味で培養しています。
植物プランクトン(淡水)でありながら、表面には2本の鞭毛を持つ体細胞が並んでいて、くるくると回りながら動きます。
走光性を持ち、光のほうへ集まります。


きらら舎ではボルヴィックで培養しています。

輸送には硬い容器に満タンがダメージが少ないので、販売は試験管か培養容器で行うことにしました。
個体数が少なくなるので、価格も下げています。

到着しましたら、500mlボルヴィックペットボトルに移してください(水量は7分目)。
そのままの培養でもかまいません。

現在の時期は特定に日にカフェでのみのお渡しです。
次回配布日は 8月8日(土)です。
理科室カフェがモバイル顕微鏡観察会/ボルボックス となります。
ボルボックスの配布を目的としていますが、他の生体も観察・撮影します。
ボルボックス代金は参加費2200円に含まれます(量も多いです)。

植え継ぎなどについてはきらら舎一号館のノート >>ボルボックスの考察その2 をご参照ください。




植え継ぎ丸投げボトルは植え継ぎのタイミングを逃してしまい、
作業がやや大変になったものを無料で差し上げるものです。
店頭でのみのお渡しです。
説明もありますので、ご予約必須です。

ペットボトルでの販売も店頭受取のみです。


※容器の洗浄に洗剤は使わないでください。耐熱でないと熱湯滅菌できないので、一番楽なのは、ミネラルウォーターが入ってるペットボトルの中身を空けて使うことです。




販売価格 1,100円(税100円)
在庫状況 残り16
アイテム



カテゴリー

目 次

モバイルショップ