ピロキスティス

Pyrocystis fusiformis (ピロキスティス・フィシフォルミス)


海生植物プランクトンです。

三日月型の細胞の真ん中に核があり、ルーペで見ると三白眼がたくさん浮かんでいるようです。

葉緑体を持ち、光合成をします(餌は不要です)。
細胞内に渦鞭毛藻が二つでき、これが泳ぎ出て二つになります。二分裂による無性生殖で増えます。


培養フラスコに入れてお届け・お渡しします。

適温は15〜25℃で27℃を超えないようにしてください。
一時的に30℃を超えても大丈夫な場合もありますが、数時間続くと死滅します。

光合成をするので明るい場所に置かねばなりませんが、直射日光があたらないゆるやかな光のあるところに置いてください。餌は不要で、きちんと温度管理と環境管理をすればずっと培養ができます。
あまりに殖えすぎたら海水で希釈して植え継ぎしてください。


夜、刺激を与えると青く光ります。
ただし、光はタンパク質の放出なのでやりすぎると弱り、また水質悪化につながりますので、ほどほどに・・・・・。


培養生体のため、海に捨てないでください。



培養詳細はきらら舎一号館記事をご覧ください。  >>ピロキスティス
販売価格 2,200円(税200円)
在庫状況 残り5



カテゴリー

目 次

モバイルショップ