雪硝子の卵

昔、「ホタルガラス」とよばれる硝子がありました。
大正から昭和にかけて、工芸品や飾り窓に使われた硝子らしいのですが、わたしがそれを手にしたのは卵型をした置き物でした。

現在もカフェに飾ってあるのですが、アンティークではないけれど、これとそっくりな硝子の卵を仕入れることができました。


現在、「ホタルガラス」というと沖縄の美しい工芸硝子を指しますので、混同しないように、勝手に「雪硝子」と名付けました。

「蛍雪の功」の雪です。

ぼんやりと、ほんのりと灯を宿したような硝子なのです。


手作りなので形に若干ばらつきがあり、いびつなものもあります。

また、小さなものはカナリアとか文鳥の卵サイズ。
こちらは光に翳すと雲が浮かびます。
手作りのため、炭の細い黒い線があるものもあります。

たくさんご購入の方へは少し形が歪なものもおまけで入れます。


販売価格 330円(税30円)
在庫状況 残り13
サイズ



カテゴリー

目 次

モバイルショップ