非加熱タンザナイト

灰簾石/Zoisite

Tanzania



黝簾石(ゆうれんせき)と呼ばれることもあります。

化学組成はCa2Al3(SiO4)(Si2O7)O(OH)で、結晶系は斜方晶系です。

同じ化学組成で単斜晶系の鉱物は斜灰簾石(斜黝簾石)。
加熱前も見る角度によって色が違って見え、渋い色も魅力ですが、加熱したほうがきれいなので、非加熱のものはあまり出回っていません。

ゾイサイトはずいぶん前から流通していて、その名前はスロベニアの貴族ゾイス・フォン・エーデルシュタインにちなみます。しかし、あまりぱっとする鉱物ではありませんでした。それが、1967年、キリマンジャロのふもとのメレラニで、落雷によって野火が起き、地味なゾイサイトが鮮やかなブルーになったという伝説もあります(いろいろな説があるうちの一つです)。
今回は宝石加工の業者さんから仕入れたもの。
加熱してタンザナイトとして流通します。
基本的にタンザナイトはすべて加熱処理が施されています。
加熱によってその色の原因であるバナジウムをより安定させることが目的なのですが、この処理により、ピンクタンザナイト、グリーンタンザナイトなどがでいることがあり、通常の色よりさらに人気があります。

タンザナイトという名前は、ティファニーによって付けられました。鉱物名では「ブルーゾイサイト」ですが、これが「ブルースーサイド(自殺)」と聞こえるため、タンザナイトという宝石名を付けたのです。すぐに人気の宝石となりました。


今回はカフェの鉱物加熱実験ワークショップ用に仕入れたもの。
30粒を直径約32mmのアルミ缶に入れてお届けします。

1粒づつピンセットでつまんで、直火で炙ったり、茶漉しに数粒入れて直火で炙ります。
いずれも赤くなるくらいまで加熱してください(割れて飛び散る場合もありますので注意してください)。

温度は300〜400度ですが、ピンセットの先、茶漉しのあみ、そして石が赤くなればほぼOKです。

もとの色と比べるとかなりきれいな青色に変色します。

希少性の高い、ピンクが緑になったらさらにラッキーです。




販売価格 864円(税64円)
在庫状況 残り6



カテゴリー

目 次

モバイルショップ