カンポ・デル・シエロ隕石

カンポ・デル・シエロ隕石(Campo del Cielo Meteorite)は、アルゼンチンのチャコ州で発見された隕石です。

1576年に、現地の住人から「空からたくさんの鉄が落ちてきた」という伝説を聞き、スペイン総監が現地へ調査隊を派遣して、発見したとされています。

名前は、スペイン語で「空の草原」を意味します。

隕石については、The Meteoritical Society にてcode5247 で詳細を確認できます。



1969年に総重量37000kgの隕石が地中から発見されました。これまでに発見された隕石の総重量は100tを超えるそうです。



鉄を多く含むため、日本の気候では錆びやすいため、定期的にベビーオイルで拭くとよいようです。

同じ価格では写真のようにいくつかずつあります。選べませんが、写真のものの中からお届けします(在庫は写真にある限りです)。
販売価格 880円(税80円)
在庫状況 残り5
価格



カテゴリー

目 次

モバイルショップ